見えぬ病

タダで読めるものを本のようにしました

¥500

 人は生涯、独りだとだれかが言う。  どんな苦しみを抱えようが、孤独だという事実には変わりなく。  苦しみに、見えぬ苦しみに、誰も分からぬ理解されぬ苦しみに、どんな苦しみに晒されようとも、人は決して誰かという柱に寄りかかることなど許されないのだ……。(引用:見えぬ病)  鷺沢歩の短編集  星空文庫に投稿されたものの一部を抜いて、ほとんど収録しています。  そして、本作品の為に一本だけになりますが、書きました。  ほとんど星空文庫にてタダで読めるので、こんなものを買う人なんていないと思いますが、本の形にしてみたので余裕があったり気になったりした人は良ければどうぞ。  

著作:蜜柑猫と鷺沢歩 / イラスト:蜜柑猫

ページ数 313
文字数 52346
ジャンル 純文学
カテゴリ 一般文芸
タグ 短編 コメディー
発行日 2021年10月25日

著 : 蜜柑猫と鷺沢歩 絵 : 蜜柑猫

純文学 一般文芸
短編 コメディー

 人は生涯、独りだとだれかが言う。  どんな苦しみを抱えようが、孤独だという事実には変わりなく。  苦しみに、見えぬ苦しみに、誰も分からぬ理解されぬ苦しみに、どんな苦しみに晒されようとも、人は決して誰かという柱に寄りかかることなど許されないのだ……。(引用:見えぬ病)  鷺沢歩の短編集  星空文庫に投稿されたものの一部を抜いて、ほとんど収録しています。  そして、本作品の為に一本だけになりますが、書きました。  ほとんど星空文庫にてタダで読めるので、こんなものを買う人なんていないと思いますが、本の形にしてみたので余裕があったり気になったりした人は良ければどうぞ。  

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。