ここでしか出会えない作品がゾクゾク登場

スポンサー

  • ティアマリア・エステミロワ3巻

  • 悲しみは海ではないからすっかり飲み干せる

  • ティアマリア・エステミロワ5巻

  • ティアマリア・エステミロワ4巻

  • ティアマリア・エステミロワ1・2巻

  • ハンプティ・ダンプティ〜千の夢物語〜

  • ティアマリア・エステミロワ6巻

  • プラス王子のマイナス思考 下巻

  • (第一部)魔導騎士(ベルムバンツェ)~神に愛されし最強の男は、自らの記憶を取り戻す為に戦う~

  • プラス王子のマイナス思考 上巻

新着の作品

  • ウォーロックサイクル⑥ 王歴215年大頭の参謀『白薔薇』から見たアモス・オーク

  • ウォーロックサイクル⑤ 王歴215年間諜の少女イスラから見たアモス・オーク

  • バグプログラム BUG PROGRAM -R15-

  • 攻撃の余波で死ねるクラス丸ごと召喚。平均値が1のステータスでスマホゲーム異世界を生き残れ!(2巻)

  • キジマ魔法堂〜キジネコのヒゲ〜

  • 戦士の国の狂女王と下賤な魔法使い

  • ウォーロックサイクル④ 王歴215年泥棒通りの自警団ロイから見たアモス・オーク

  • ウォーロックサイクル③ 王歴214年魔道の先輩イーサンから見たアモス・オーク

  • 攻撃の余波で死ねるクラス丸ごと召喚。平均値が1のステータスでスマホゲーム異世界を生き残れ!(1巻)

  • ウォーロックサイクル② 王歴211年山羊飼いの娘スーから見たアモス・オーク

  • 約二百週目の俺は、神様たちの便利屋をやっています。2~New World(上)~

  • 約二百週目の俺は、神様たちの便利屋をやっています。~序章Halo World~

ランキング

  • 月間
  • 週間
  • 日間
  • ウォーロックサイクル⑥ 王歴215年大頭の参謀『白薔薇』から見たアモス・オーク

    ウォーロックサイクル⑥ 王歴215年大頭の参謀『白薔薇』から見たアモス・オーク

    かつて大魔道士グラントを師と仰いでいた女魔道士『白薔薇』。現在は彼のもとを離れ、悪人街の大頭タイラーの懐刀として働いていた。ある日、悪人街を荒らしていた『血の段平』の背後に、黒幕の魔道士がいる事が発覚する。白薔薇はこれを知らせに来た七番通りの顔ぶれと共に、その黒幕『ギディオン』の退治へ行くことになった。任務にはグラントの力も借りられることになっていたが、敵はそれを無効にする対策を講じていた……。物語群の第六巻は、悪人街におけるエピソードの完結編にあたる。ギディオン配下の使い魔との連戦を通して浮き彫りになる、アモス・オークの底知れぬ力。それは白薔薇に深刻な疑問を投げかける。スマートフォン・タブレット推奨。

    著作:諫歩 鐵 / イラスト:諫歩 めぐの

    詳細情報

    ページ数

    102

    文字数

    29,773

    ジャンル

    ファンタジー

    カテゴリ

    一般文芸

    タグ

    男性向け

    女主人公

    短編

    戦記

    魔法あり

    冒険

    群像劇

    ダーク

    発行日
    2021年05月14日
  • 劫生の祓い人 1巻

    劫生の祓い人 1巻

     妖怪や怪異などの異形の者が跋扈する世界。そこには、異形の者を祓い弱き者たちを守護する祓い人と戦火を広げ国崩しを目論む影の一族が存在した。苛烈を極める彼らの戦いは、千年の時を数えていた。  祓い人のひとりである白鬼死義影(しらぎしよしかげ)もまた戦いの中に身を置いていた。不老不死の異能を持つ彼は、多くの戦に参加し多くの者の生命を救った。しかし救う対象に自分自身は含まれていなかった。  そんなある時、彼はとある少女、桐島椿(きりしまつばき)に出会った。それは奇跡に等しい邂逅だった。かつて彼が愛し、救うことの出来なかった女性――少女はその生き写しだった。椿と出会い、止まっていた義景の時間が動き出す。  近世日本をモチーフにした世界で繰り広げられる凄絶な『生と死』『善と悪』を描いた和風ダークファンタジー長編第一巻。

    著作:武鬼 / イラスト:紅月来世

    詳細情報

    ページ数

    367

    文字数

    174,415

    ジャンル

    ファンタジー

    カテゴリ

    一般文芸

    タグ

    長編

    ダーク

    胸熱

    切ない

    発行日
    2021年06月01日
  • サダル・ハオマと精霊の澱

    サダル・ハオマと精霊の澱

    精霊と魔法が息づく幻想の国イスカーヴ。その首都カンナズィワでは、十年ほど前から精霊が暴走することによって引き起こされる精霊災害が続いている。 十三歳のサダル・ハオマは水の精アクエリアと契約している魔法使いで、ギルド『黄昏冒険者連盟』に作った魔法を瓶詰にして売る職業少年である。彼もまた精霊災害の被害者で、両親を失って以来師匠のユークの庇護を受けつつ魔法の修行をしている。 ある日治癒の魔法を納品した帰り道、氷の精が暴走して街を凍らせようとしているのを目撃する。暴れまわる精霊は謎の呪文に囚われていた。 過去の精霊災害の原因とは。新たな事件との関連とは。現在に至るまで続く陰謀を追い、精霊や魔法使いたちと共に、十年前の事件の真相に迫る。 全369ページ、約9.9万文字

    著作:味醂味林檎 / イラスト:

    詳細情報

    ページ数

    369

    文字数

    99,142

    ジャンル

    ファンタジー

    カテゴリ

    ライトノベル

    タグ

    男性向け

    女性向け

    男主人公

    長編

    異世界

    魔法あり

    冒険

    ボーイミーツガール

    胸熱

    発行日
    2020年07月01日
  • カーズリーチャーの行進

    著作:天野仰 / イラスト:あまもり

  • モンスターと暮らします

    著作:勇出あつ / イラスト:とりでのジョー サマ