デモンズ・プライズン

デモンズ・プライズン

雨宮美咲のようになりたい。 バイオリニストの華橋祐二は、コンクールの結果を見るたびそう考える。 自分より遅く弓を持ったのに自分よりも前に進み続ける。 「絵画よりも絵画らしい」とは、彼女を取材した雑誌がタイトルにした言葉だ。 羨ましいとかそんなんじゃない。けれど、特別になりたいという感情は誰だって抱くものだ。 そんな祐二の元に、ひとり(?)の悪魔が現れた。 『俺の力を使えばあの女に勝てるぜ』 鋭い爪や捻じれた角。空を飛ぶし自分にしか見えない。 そんな存在が「特別」を持って迫ってくる。 祐二の答えは―――

著作:もぬぬもーぬ / イラスト:

詳細情報

ページ数

19

文字数

11,563

ジャンル

その他

カテゴリ

一般文芸

タグ

男性向け

短編

現実世界

発行日
2020年07月30日

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。