おぼろげに見える者たち

私はここにいる

¥200

 グリムという共感性を高めるクスリが蔓延している東京。  そこにはエーデル機構という清野真琴が指導者となっている地上とは別のネットワーク組織があった。  地上はカルト組織が勃興している。  世は獣ににた化け物が往来する世界となっていた。  半ば世をすてた少女、理湖は連続殺人鬼に両親を殺される。  両親はエーデル機構の技術者だった。  彼女はよく通う喫茶店で、殺人鬼を見つけるが、両親を殺したのは彼を真似た人物の犯行とわかる。  エーデル機構は機能の一部を補完するためにDシステムというものを作っていた。  人の獣化などがDシステムの仕業と噂されていたのだが。

著作:八嶋悠介

ページ数 0
文字数 41600
ジャンル SF
カテゴリ 一般文芸
タグ 男性向け 女性向け 男主人公 女主人公 長編 近未来 サイバーパンク
発行日 2022年08月16日

著 : 八嶋悠介

SF 一般文芸
男性向け 女性向け 男主人公 女主人公 長編 近未来 サイバーパンク

 グリムという共感性を高めるクスリが蔓延している東京。  そこにはエーデル機構という清野真琴が指導者となっている地上とは別のネットワーク組織があった。  地上はカルト組織が勃興している。  世は獣ににた化け物が往来する世界となっていた。  半ば世をすてた少女、理湖は連続殺人鬼に両親を殺される。  両親はエーデル機構の技術者だった。  彼女はよく通う喫茶店で、殺人鬼を見つけるが、両親を殺したのは彼を真似た人物の犯行とわかる。  エーデル機構は機能の一部を補完するためにDシステムというものを作っていた。  人の獣化などがDシステムの仕業と噂されていたのだが。

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。