ダンサー・イン・ザ・スペース

ここまで来てみやがれ、糞どもが、かな。

¥100

スペースダンスと呼ばれる、宇宙でのパフォーマンスダンスが世界中で流行。 スペースダンサーとして大会に出場する秋月満子は、三年前にデュエットパートナーだった月子を亡くして以来、表彰台に上がれずにいた。 ある時社長から水下愛という高校生にスペースダンスを教え、デュエットの大会に一緒に出場しろと言われる。スペースダンスは命を落とすこともあるため満子は反対するが、ソロでの大会に出るのを禁止され、水下愛の面倒を見ることを約束させられてしまう。 仕方なくスペースダンスを教え始めるが、水下愛が父親に嘘をついていたことが発覚し、水下愛はスペースダンスを禁止されてしまう。 彼女がもともとシンクロの選手で怪我によって引退したことを知った満子は、彼女の必死さの理由を知り、再び教えようと考える。 世界大会の選考会で、約束の点数が取れれば水下愛はスペースダンスを続けて良いと父親と約束をした。

著作:朋峰

ページ数 64
文字数 57153
ジャンル ヒューマンドラマ
カテゴリ 一般文芸
タグ 女主人公 長編 宇宙 近未来 感動
発行日 2022年08月14日

著 : 朋峰

ヒューマンドラマ 一般文芸
女主人公 長編 宇宙 近未来 感動

スペースダンスと呼ばれる、宇宙でのパフォーマンスダンスが世界中で流行。 スペースダンサーとして大会に出場する秋月満子は、三年前にデュエットパートナーだった月子を亡くして以来、表彰台に上がれずにいた。 ある時社長から水下愛という高校生にスペースダンスを教え、デュエットの大会に一緒に出場しろと言われる。スペースダンスは命を落とすこともあるため満子は反対するが、ソロでの大会に出るのを禁止され、水下愛の面倒を見ることを約束させられてしまう。 仕方なくスペースダンスを教え始めるが、水下愛が父親に嘘をついていたことが発覚し、水下愛はスペースダンスを禁止されてしまう。 彼女がもともとシンクロの選手で怪我によって引退したことを知った満子は、彼女の必死さの理由を知り、再び教えようと考える。 世界大会の選考会で、約束の点数が取れれば水下愛はスペースダンスを続けて良いと父親と約束をした。

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。