魂の宿るところ

               会いたかった…

¥250

 帝国の皇帝が聖化という電脳の技術を使って電子の海に溶けた。  国は親帝国派と反帝国派に分かれていた。皇帝の行動の理由に、ロミィがいた。  エクゥル市は最も騒乱で激しい地域で、ここで帝国から運ばれたデータを持った男も、ロミィは殺したときに、ディクショという青年と出会う。  一方、反帝国のコミュニティのひとつでリーダーをしているヒデリトは彼女を失い、電脳技術の応用で魂を作り、復活させることはできないかとさぐっていた。それに目をつけたルネスカ社は、共同研究を持ちかける。  研究に目をつけたのは、悪魔も一緒だった。カローヴという男の元に悪魔から送られてきたヒデリトの恋人だったミーケレという天使がいた。  教団はルネスカ社強力の元、エクゥル市の不動産を買い散らし、大神の居場所のためのネットワークを構築する。魂を作る技術が完成し、いよいよ大神を呼ぼうとしたところに、護民官となったロミィが現れる。大神が使わせたと思っていた天使は、ヒデリトの元恋人であった。彼女の想いがヒデリトを大神にさせていたのだ。だが、アルーマとヒデリト、パニソーが死ぬと、ロミィらに堕天使の正体を表す。

著作:八嶋悠介

ページ数 0
文字数 131920
ジャンル ファンタジー
カテゴリ 一般文芸
タグ 男性向け 女性向け 男主人公 女主人公 長編 異世界 近未来 サイバーパンク
発行日 2022年08月01日

著 : 八嶋悠介

ファンタジー 一般文芸
男性向け 女性向け 男主人公 女主人公 長編 異世界 近未来 サイバーパンク

 帝国の皇帝が聖化という電脳の技術を使って電子の海に溶けた。  国は親帝国派と反帝国派に分かれていた。皇帝の行動の理由に、ロミィがいた。  エクゥル市は最も騒乱で激しい地域で、ここで帝国から運ばれたデータを持った男も、ロミィは殺したときに、ディクショという青年と出会う。  一方、反帝国のコミュニティのひとつでリーダーをしているヒデリトは彼女を失い、電脳技術の応用で魂を作り、復活させることはできないかとさぐっていた。それに目をつけたルネスカ社は、共同研究を持ちかける。  研究に目をつけたのは、悪魔も一緒だった。カローヴという男の元に悪魔から送られてきたヒデリトの恋人だったミーケレという天使がいた。  教団はルネスカ社強力の元、エクゥル市の不動産を買い散らし、大神の居場所のためのネットワークを構築する。魂を作る技術が完成し、いよいよ大神を呼ぼうとしたところに、護民官となったロミィが現れる。大神が使わせたと思っていた天使は、ヒデリトの元恋人であった。彼女の想いがヒデリトを大神にさせていたのだ。だが、アルーマとヒデリト、パニソーが死ぬと、ロミィらに堕天使の正体を表す。

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。