ジオハープの哀歌

ジオハープの哀歌

 建築家の日外新重(あぐいあらしげ)は、東京湾震源の大地震で家族やマイホームを失ってしまった。大都会東京が、首都機能を失った中で復興しつつあるときに、日外は秋月梓というシンガーソングライターと出会う。秋月の歌を聴いたとき、大地震のときにラジオで流れていた曲であることに思い当たり、家族への哀悼と相俟って、日外は秋月にあこがれを抱き始める。日外は、なんとか秋月に想いを伝えようとする。建築家とミュージシャンのドラマチックな恋愛ストーリーです。

著作:大坪命樹 / イラスト:

詳細情報

ページ数

212

文字数

71,192

ジャンル

純文学

カテゴリ

一般文芸

タグ

長編

発行日
2020年06月29日

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。