ティアマリア・エステミロワ第8巻

すべての始まり。

¥350

若き王太子、アレクサンドル・ルーシは遠乗りの途中、休憩で立ち寄った村で無惨に陵辱されたウォランの娘を救う。 しかし、ウォランからすべてを奪う法が制定されていた王都では、王太子と言えど公然とウォランをかくまうわけにはいかない。 アレクサンドルは葡萄酒蔵に隠した少女をナタリアと名づける。 あれこれと世話を焼いているうちに、ナタリアに衝動を抱いたアレクサンドルは、ついに一線を越えた。 ティアマリアの前日談「殿下とウォラン」を収録。

著作:龍淵灯 / イラスト:Y

ページ数 159
文字数 97118
ジャンル ファンタジー
カテゴリ 一般文芸
タグ 男性向け 女主人公 長編 戦記 群像劇 ダーク 胸熱
発行日 2022年02月20日

著 : 龍淵灯 絵 : Y

ファンタジー 一般文芸
男性向け 女主人公 長編 戦記 群像劇 ダーク 胸熱

若き王太子、アレクサンドル・ルーシは遠乗りの途中、休憩で立ち寄った村で無惨に陵辱されたウォランの娘を救う。 しかし、ウォランからすべてを奪う法が制定されていた王都では、王太子と言えど公然とウォランをかくまうわけにはいかない。 アレクサンドルは葡萄酒蔵に隠した少女をナタリアと名づける。 あれこれと世話を焼いているうちに、ナタリアに衝動を抱いたアレクサンドルは、ついに一線を越えた。 ティアマリアの前日談「殿下とウォラン」を収録。

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。