アンクール

世界をひっくり返して考えてみたとき、その世界は優しいだろうか

¥100

その日生まれた赤ん坊は「足つき」だった。 足のある者が障害者として扱われる世界に生まれた足つきのAは、足のない者たちに合わせて作られたこの世界で生きていかなければならない。 体が大きくなると思うように動けなくなり、Aは部屋に引きこもるようになる。 他の者と同じ姿になるため足を切るか、生きにくい世界で静かに狂っていくか、それともーー。

著作:朋峰

ページ数 9
文字数 9534
ジャンル SF
カテゴリ 一般文芸
タグ 短編 異世界 近未来
発行日 2022年01月20日

著 : 朋峰

SF 一般文芸
短編 異世界 近未来

その日生まれた赤ん坊は「足つき」だった。 足のある者が障害者として扱われる世界に生まれた足つきのAは、足のない者たちに合わせて作られたこの世界で生きていかなければならない。 体が大きくなると思うように動けなくなり、Aは部屋に引きこもるようになる。 他の者と同じ姿になるため足を切るか、生きにくい世界で静かに狂っていくか、それともーー。

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。