象をまさぐる

私が詩だと言ったら、詩なんだよ

¥1,000

コロナ禍に書き綴った詩の数々を、一冊の本にまとめてみました。 愛やら貧困やら、なんだかんだと考えさせられた期間に書いた詩です。 面白い言葉の響きを狙ってみたり、あえてぶった切ったような終わりにしてみたり。インターネットに詩を捧げてみたり。なかには、コレは言葉として合ってるのかどうか、というような詩もありますが。私らしい詩を並べてみました。 しつこい風味の詩の数々を、お楽しみください。

著作:れおぽん / イラスト:れおぽん

ページ数 152
文字数 11112
ジャンル その他
カテゴリ 一般文芸
タグ 短編 社会・経済 ほのぼの ギャグ しみじみ 切ない
発行日 2022年01月06日

著 : れおぽん 絵 : れおぽん

その他 一般文芸
短編 社会・経済 ほのぼの ギャグ しみじみ 切ない

コロナ禍に書き綴った詩の数々を、一冊の本にまとめてみました。 愛やら貧困やら、なんだかんだと考えさせられた期間に書いた詩です。 面白い言葉の響きを狙ってみたり、あえてぶった切ったような終わりにしてみたり。インターネットに詩を捧げてみたり。なかには、コレは言葉として合ってるのかどうか、というような詩もありますが。私らしい詩を並べてみました。 しつこい風味の詩の数々を、お楽しみください。

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。