ロィープ・ファミリー

ロィープ・ファミリー

兎瞬(としゆん)島は、沖縄から南、台湾よりも北という位置にある。  大きさは鹿児島県程。  第二次大戦後のゴタゴタを利用し、民主主義陣営の独立した国となった島である。  それから、百五十年。  電子金融で栄えた小さな島は、反電子革命、電子暴落、電子放棄運動と続いた、反電子社会の波にのまれ、一気に衰退していた。  世界規模の危機は、しかし、兎瞬島の住民の知ったことではなかった。  彼等は、彼等なりに生活していかなければならないのである。  やがて人類は高度情報化システムにより、肉体を棄てて電脳ネットワークの海に井充した。  残されたのは、電脳イマジロイドと、電脳に繋げない一般イマジロイドだ。  そして、兎瞬島はマフィア組織に、土地を売り、東南アジア最大級歓楽都市国家と化していた。  巨大都市歓楽街の事を、彼等は充臥(じゆうが)と呼んだ。     少年たちと少女の近未来ギャング・ストーリー

著作:小林とも / イラスト:

詳細情報

ページ数

201

文字数

80,525

ジャンル

バトル

カテゴリ

ライトノベル

タグ

男性向け

女性向け

男主人公

長編

近未来

サイバーパンク

ダーク

発行日
2021年02月23日

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。