ウォーロックサイクル⑤ 王歴215年間諜の少女イスラから見たアモス・オーク

ウォーロックサイクル⑤ 王歴215年間諜の少女イスラから見たアモス・オーク

悪人街八番通りに所属する十五歳の少女、イスラ。彼女は七番通りの自警団『蛇の牙』に潜入し、情報を八番通りに送り続けていた。そんな彼女の気がかりは、最近蛇の牙に魔道士が転がり込んできた事である。アモス・オークと名乗ったその魔道士は、自警団の中でちゃっかり居場所を確保し、自警団員たちにも馴染んでいった。イスラは、いつ彼がその超常の力を用いて自分の正体を暴きにくるか気が気ではない。なんとかならないかと悩むが、事態は彼女の思惑を無視して次々と進んでいく……。前巻から引き続き、悪人街でのアモス・オークを描く物語群の第五巻。『第二次魔道内乱』『六人の都落ち』など、物語の深部を暗示する言葉も表され、その輪郭がおぼろげながらも示されていく。スマートフォン・タブレット推奨。

著作:諫歩 鐵 / イラスト:諫歩 めぐの

詳細情報

ページ数

107

文字数

30,444

ジャンル

ファンタジー

カテゴリ

一般文芸

タグ

男性向け

女主人公

短編

魔法あり

冒険

群像劇

ダーク

発行日
2021年02月17日

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。