ウォーロックサイクル④ 王歴215年泥棒通りの自警団ロイから見たアモス・オーク

ウォーロックサイクル④ 王歴215年泥棒通りの自警団ロイから見たアモス・オーク

悪人街七番通りは、通称泥棒通りとも呼ばれる盗人どもの巣窟だ。ろくな人間のいないところであったが、他の通りの輩から自分たちを守るための自警団があり、ロイもそこの一員だった。ある日ロイと相棒のサムは、七番通りの巡回中に不審な少年を発見する。額に謎の黒点があるその少年は元魔道士と名乗っていたが、その後に現れた九番通りの輩を魔道によって蹴散らした。色々と確認が必要と感じたロイは、「礼を言いたい」という口実で彼を自警団のアジトに連れ込むが……。アモス・オークの生涯を描く物語群の第四巻。後に永く彼と関わることになる男、ロイとの最初の出会いが記される。スマートフォン・タブレット推奨。

著作:諌歩 鐵 / イラスト:諌歩 めぐの

詳細情報

ページ数

101

文字数

29,056

ジャンル

ファンタジー

カテゴリ

一般文芸

タグ

男性向け

男主人公

短編

魔法あり

群像劇

サバイバル

ダーク

発行日
2020年11月30日

カスタマーレビュー

レビュアー:百最中
2020年11月30日
毎回思うこと

気がつくと読み終わってる
「えっ!? ここで終わるの!?」って毎回びっくりする。

まさに生殺し。
はい、続き正座して待ちます。

いや、本当に生殺しにあってる気分だわ