実鶴と莉子

実鶴と莉子

『満員電車』なんて過去の言葉となった時代に、私と実鶴は生きていた。莉子って相手から呼ばれ、私も相手のことを実鶴と呼ぶ。私はリモートワークでほぼ家にいて、実鶴は現場に出かける仕事をする。お互い仕事は違うけど、それでも仲は良い方だと思うな。ご飯を食べて、食後のミルク。その前に食べたものの後片付けをして。それから実鶴と寛ぐ、そんなリラックスした一時だ。

著作:猫好沙織 / イラスト:

詳細情報

ページ数

27

文字数

10,172

ジャンル

日常

カテゴリ

一般文芸

タグ

女性向け

短編

ほのぼの

発行日
2020年06月25日

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。