野火の銀八

野火の銀八

豊臣秀吉の天下統一は目前に迫っていた。四国征伐は弟秀長を総大将に三方から攻撃を行う。対する長宗我部元親は四国の中心地、白地城に身を置き、指揮をとっていた。豊臣家臣、蜂須賀小六が攻略する一宮城は守備が固く、中々落ちないでいた。小六は川並衆の小野銀八郎に一宮城の貯水池破壊を命じる。対するは長宗我部忍者の竹内虎之助と弥籐次兄弟。戦国の世が終わりゆく中、闇の中でもう一つの決戦が始まる。

著作:上住断靱 / イラスト:御歌頭

詳細情報

ページ数

72

文字数

21,324

ジャンル

歴史

カテゴリ

一般文芸

タグ

男主人公

爽快

テンポ良し

ハラハラ

感動

発行日
2020年08月23日

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。