月の行方

月の行方

高校生のおれ、吉野玲は母さんと二人暮らし。 両親の帰宅が遅い同級生の女子・峰高朔を加えた三人で、いつも賑やかな夕食をとる。 そんなある日、茶の間に流れたテレビ番組『警察24時』 翌日、男の人がおれに会うために高校を訪ねてきた。 そしてその人は、信じられないことを口にした。 こちらは2011/3に日本文学館から発行した、「月の行方」電子書籍版です。 2011年の月の行方に、加筆してあります。

著作:ちはやれいめい / イラスト:

詳細情報

ページ数

101

文字数

20,060

ジャンル

ミステリー

カテゴリ

一般文芸

タグ

男主人公

短編

現実世界

青春

発行日
2020年06月25日

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。