白いカラス

¥500

映画館を出た"僕"は自殺をするために薬局へ向かう。 その道中、人語を解するカラスと"ボク"と名乗る奇妙な男と一人の白い少女と出会い、彼らは世界の一つ一つが消えてしまってることを僕に告げる。 翌朝目が醒めると”ボク”と一緒にいた白い少女が現れ、少しずつ何かが世界から消えている謎について語り始め、少女は「チャンスをあげにきた」と僕をとある山に連れていく。

著作:ハルスケ

ページ数 37
文字数 14815
ジャンル 純文学
カテゴリ 一般文芸
タグ 男性向け 女性向け 男主人公 短編 現実世界 異世界 ダーク
発行日 2020年08月02日

著 : ハルスケ

純文学 一般文芸
男性向け 女性向け 男主人公 短編 現実世界 異世界 ダーク

映画館を出た"僕"は自殺をするために薬局へ向かう。 その道中、人語を解するカラスと"ボク"と名乗る奇妙な男と一人の白い少女と出会い、彼らは世界の一つ一つが消えてしまってることを僕に告げる。 翌朝目が醒めると”ボク”と一緒にいた白い少女が現れ、少しずつ何かが世界から消えている謎について語り始め、少女は「チャンスをあげにきた」と僕をとある山に連れていく。

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。