悲しみは海ではないからすっかり飲み干せる

悲しみは海ではないからすっかり飲み干せる

1937年、イングランドの地方都市に、「悲しみにまつわることならば何でも調査する」という世にも不思議な探偵が居た。彼の名はアンドリュー・クレイ。悲劇専門の舞台役者であった彼は、ある特異な性質を持ち合わせていた。冬の日の夕方、アンドリューの元にクロウディア・ジューンと名乗る家出少女が現れる。クロウディアは行方不明となった母親を探していた。アンドリューはクロウディアを助手という名目で匿いながら、彼女の悲しみに寄り添おうとする。 ひたむきに悲しみを追いかける、純粋過ぎるコージー・ミステリー。

著作:桑折サナエ / イラスト:

詳細情報

ページ数

338

文字数

101,472

ジャンル

ミステリー

カテゴリ

一般文芸

タグ

女性向け

男主人公

長編

悲恋

しみじみ

感動

切ない

発行日
2020年08月01日

カスタマーレビュー

この作品にはまだレビューはありません。